浮気にまつわる別れさせ屋相談事例を一挙紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 浮気にまつわる別れさせ屋相談事例を一挙紹介
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
浮気にまつわる別れさせ屋相談事例を一挙紹介コロンビアシネマ

浮気が原因となって、別れさせ屋に相談依頼をする。別れさせ屋に来る依頼の中でも、最もベターなものと言っても良いでしょう。依頼者にも、結婚している人、それを前提に交際している人、自分は浮気している側で、既婚者と社内恋愛をしてしまっているという人、立場やシチュエーションは実にさまざまです。

ここでは、そんな浮気関係で別れさせ屋に相談に訪れた事例、その特徴を解説したいと思います。パートナーに浮気された場合 まず多いのは、やはり夫(もしくは妻)の浮気をなんとかしてほしいというもの。こういう依頼の場合、相手が浮気をしてしまっているから別れさせてほしいという依頼内容になりますが、相手とはもう浮気を理由に離婚してしまいたいという人もいれば、浮気を辞めさせて、自分とのよりを戻したいという人もいます。

こういう事例の場合、まずは証拠をつかむところから入らないといけないのが難しいところ。浮気をしているとわかってるけど証拠がない、だから問い詰められないと言ったパターンは結構あります。 それ以外にも、夫婦関係がそもそも劣悪なせいで、なかなかおおっぴらに本人と話ができないというケースもあるようです。わかりやすいところで言えば、旦那の態度が横柄すぎて聞いても応えてくれないとか、そもそも家にあまりいてくれないとか、そういう場合があります。 どういうケースにしても、まずは調査。調査が終わったら具体的な工作を行って、体調と浮気相手が別れるようにはからうという手法がとられるようです。

依頼者が浮気相手の場合 次にあるのが、そもそも依頼者自身が浮気している人だというパターン。自分が浮気をしていて、その相手の正式なパートナーと別れてほしい。だからその手助けをしてほしいという依頼です。このような依頼では、事前の調査よりも実際に行う工作の方が難しくなってきます。別れさせる対象が一緒に暮らしているという場合がほとんどですから、接近して関係を作るまでが一苦労です。難しいケースであっても別れさせ屋はプロですから、きっと浮気にまつわる悩みにも助けになってくれるはずです。