別れさせ屋の不倫相手と手を切る工作

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の不倫相手と手を切る工作
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の不倫相手と手を切る工作コロンビアシネマ

■不倫相手と別れたくても別れてくれない

結婚している2人が、お互い惹かれ合って深い関係になったけど、2人とも最初は、その関係を割り切っていたから、ズルズルと不倫関係を続けてしまっている人もいるでしょう。

しかし、不倫相手が徐々に本気になってきて、「離婚して一緒になろう」「子供を作ろう」などと言うようになって、困っている場合もあるかもしれません。
そうなると、自分の家庭を壊して不倫相手と再婚することは考えられないので、もう不倫はやめようと考えるようになるでしょう。
ところが、「この関係を家族にバラすぞ」「勤務先に密告するぞ」と不倫相手から脅されて、別れを言い出せなくて悩んでいる方もいると思います。
このまま不倫関係を続けていてはいけない、夫や妻に気づかれないうちに別れたい、と思っていても、不倫相手から恐ろしいことをされそうで身動きが取れないのです。

■別れさせ屋ならスムーズに別れさせられる

なかなか別れてくれない不倫相手の場合、なぜ不倫関係を続けようとしているのかというと、自分の家庭や生活に癒される場所がなくて、明るい未来が見えないからでしょう。
そして、自分の欲を満たし癒してくれる相手に将来まで求めているから、別れることを拒絶するのです。

そのような相手と別れるには、別れさせ屋に依頼して、依頼者と別れても不倫相手の癒しとなり支えてくれる存在を作らせるのです。
その存在は、もちろん別れさせ屋の工作員が演じるのですが、それは異性の工作員だけでなく、場合によっては同性の工作員が最初に近づくこともあります。
また、依頼者は対象者と不倫関係だったので、対象者のことがよくわかっていることが多く、工作もスムーズに進むことがほとんどです。

■どんな工作が行われる?

不倫相手と別れさせるには、どんな工作が行われるのでしょう?
まず、工作員は対象者にとって、共通の知り合いもいないし、話しても誰にも伝わらない、利害関係の全くない立場の人間になります。
そして、工作員の優れたコミュニケーション能力によって、対象者と信頼関係をどんどん深めていき、不倫していることまで包み隠さず話してくれるようになれば、別れるように促していくこともできます。
「あんな女なんて、不倫してまで付き合う魅力なんてないよ」と別れを勧めたり、「自分も不倫したことがあるけど、トラブルになる前に別れといて良かった」と自分の苦労話のように吹き込んだりすることで、不倫の状況を客観的に考えさせるのです。

このように人の心理を誘導する工作は、専門的な知識のある工作員しかできないでしょう。
不倫相手と別れることを決断したけど、自分ではどうすることもできないと悩んでいるのなら、別れさせ屋に相談することをオススメします。