「不倫相手から結婚相手になるためには。別れさせ屋がチェックするポイント」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「不倫相手から結婚相手になるためには。別れさせ屋がチェックするポイント」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「不倫相手から結婚相手になるためには。別れさせ屋がチェックするポイント」コロンビアシネマ

今不倫関係にあるが、正式な相手となり、ゆくゆくは結婚したい。そんなことを思っている方が世の中にはいらっしゃいます。特に女性に多いのですが、やはり女性は結婚願望が強いです。ただ、なかなか男性が離婚する気配がなく進展がないと、痺れを切らして別れさせ屋に相談が持ち込まれます。別れさせ屋は、そんな時にチェックするポイントがいくつかあります。

<相手側の状況>
別れさせるためには、相手側の状況を詳しく知らなければなりません。まずチェックするのは、子供の有無です。子供がいると、当然離婚へのハードルは高くなります。特に子供が多感な時期だと、夫婦ともども離婚したい気持ちがあっても、ある程度の年齢まで我慢することが多くなります。いくら別れさせ屋でも、離婚させることが難しくなるのです。そして、相手の年齢や婚姻年数も確認が必要です。まだ結婚して間もない夫婦であれば、そこまで強い絆ではないため、別れさせられる可能性が高くなります。しかし、婚姻年数が長かったり、中高年の年齢だと、多少のことがあっても、動じません。仮に夫が不倫をしていたと知ったとしても、それが原因で夫婦関係が破たんするまではいかないことがあります。つまり、せっかく工作が成功しても、離婚まで至らないかもしれません。

<夫婦仲や奥さんの様子>
実際の夫婦仲や奥さんの様子もチェックポイントです。不倫をしているからといって、夫婦仲が悪いとは限りません。中には、夫婦円満なのに夫側が遊びの気持ちで不倫しているケースもあります。また、奥様が不倫を知っているかどうかも重要です。もし知られていない場合は、それを使って相手側の関係を悪くするという手を使うことができます。調査時点での夫婦仲や奥様の様子というのは、別れさせ屋が工作を成功させるかどうか、非常に重要なポイントとなるのです。不倫相手となっている方は、いつまでのそのポジションにいたいわけではないでしょう。きっぱりと別れるか、それとも離婚してもらうのか、決めてもらう必要があります。そんな時に、別れさせ屋に相談にきて、どうしていきたいのか相談に乗っているのです。