「不倫をやめさせたい妻は別れさせ屋へ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「不倫をやめさせたい妻は別れさせ屋へ」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「不倫をやめさせたい妻は別れさせ屋へ」コロンビアシネマ

配偶者が浮気をしていると発覚した場合、妻、つまり女性の場合夫に対する怒りよりも相手の女性に対する憎しみが強くなり、どうにかして痛い目に遭わせてやりたいと思うようです。自分が知らない不倫の相手をどこの誰か突き止めて、またどうやって夫を誘惑したのかなど吐かせてやりたいなどの感情がどんどん成長していき憎しみが大きくなっていきます。

・冷静さを失うと状況悪化
夫の不倫関係を終わらせようとして、浮気をしていることを白状させ、やめさせるために泣いたり、怒鳴ったり、実家に帰ったり、もしくは脅迫する人もいます。または不倫している現場に乗り込んだり、会社に行って不倫をしている事実をばらまいて夫ともに不倫相手を社会的に失脚させようと試みることもあるようです。しかし、そのような方法をとったところで夫からの信頼は勝ち取ることはできませんし、社会的に失脚してしまったら妻としてもこれからの将来に悪影響が及びます。

・プロの助けを借りる
夫が自分から浮気をやめてくれるようにしたければ、別れさせるプロである別れさせ屋に依頼するのが一番でしょう。素人ではどこでどのように二人が知り合って、どれくらいの関係の深さなのか、またこれから二人の関係を続けていく気があるのか、それとも遊びの関係でいるのかなどを知ることはできません。別れさせ屋は数人のスタッフを使ってナチュラルに配偶者、もしくは不倫相手に近づきます。友人として親しくなることで不倫関係を持っていることを話させれば、心を開かせて様々な情報を入手できるように質問をして聞き出して行きます。不倫関係を終わらせるためには情報量が肝心になってきます。浮気をされている方としては一日でも早く関係を断ち切って欲しいと焦りの気持ちが出るかもしれませんが忍耐する必要があります。また不倫相手を痛めつけるということよりも、配偶者にちゃんと自分のもとに戻ってきてもらい夫婦の関係を再び築いていくことを目標にしましょう。そのためには別れさせ屋の指示に従い、単独の行動は避けるべきです。