不倫相手の妊娠……自分と妻を別れさせたいと言っているが……

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 不倫相手の妊娠……自分と妻を別れさせたいと言っているが……
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
不倫相手の妊娠……自分と妻を別れさせたいと言っているが……コロンビアシネマ

禁断の恋に走ってしまっている人は世の中にたくさんいます。最近はネットの発展により誰でも簡単に不倫相手を探すことができるようになりました。最初は遊びのつもりだったのにだんだん深みにはまってしまい、とうとう不倫相手を妊娠させてしまった。まさに泥沼のような話ですが、自分の身の回りにもたくさんあふれている話でもあります。さて、自分に妻子がありながら、妻以外の女性を妊娠させてしまった場合、いったいどうしたらいいのでしょうか。妻と別れて新しい人生を歩む男として責任を取るためには、けじめをつけるためにも妻と離婚をする、という選択肢も考えると思います。しかし現実はそんなに簡単ではありません。妻以外の人を妊娠させて離婚、ということになれば男性にとってこの上ないほど不利な状況での離婚となります。多額の慰謝料はもちろん、もし子供がいるのであればその後の養育費も長年にわたり支払い続けなければならなくなり、不倫相手とのその後の結婚生活は明るいものにはならないはずです。出産をあきらめる出産をあきらめる、という方法を選ぶ人も多いようです。

しかし女性にとっては自分にとって大事な人の子供の出産をあきらめる、ということでもありますし、自分の体を傷つけることにもなるので簡単に選べる道でもありません。何が何でも産む、と決意を表明する女性も多いものです。別れさせ屋に相談このような状況で別れさせ屋に相談にくるのは、女性サイドが、男性とその奥さんを別れさせたい、と門をたたくこともありますが、男性が女性への堕胎の説得を依頼しにくることもあるのです。別れさせ屋ではこのような場合の説得も請け負うことがあります。どのように説得するのかというと、女性サイドに、同じ経験をもっている女性として工作員が近づき、不倫の末の出産の大変さ、困窮さ、などを説明するのです。経験談として話すので説得力を持って女性は話を聞き、出産をあきらめるように誘導していきます。誰かを説得するための工作も別れさせ屋の得意とするところではありますが、不倫の末の妊娠などは極力ないようにご注意を。