『別れさせ屋の復縁は最終手段?』

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『別れさせ屋の復縁は最終手段?』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『別れさせ屋の復縁は最終手段?』コロンビアシネマ

別れさせ屋に復縁を依頼するのは最終手段と言われることもありますが、どうしてそう呼ばれているのでしょうか?それは、別れさせ屋に復縁を依頼してダメなら諦めるしかないということになってしまいますが、その秘密について探ってみることにしましょう。

■個々のケースに合わせた対応

別れさせ屋に復縁を依頼した場合、それぞれのケースに合わせて対応を行なってくれます。別れてしまった原因や、対象者の性格や好み・価値観などは違います。そのため、一見すると似たようなケースであっても、対象者が違えば対応の仕方は異なって来ます。
復縁に向けた工作は、依頼者の相談内容と実際の内容に食い違いがないかどうかという調査確認から始まります。当事者の語る内容は主観が入ってしまって、事実と食い違ってしまうこともよくあると言われています。
こうした認識のズレを修正することが出来るのは、専門の調査員がいるからこそ出来ることではないでしょうか?身近な友人や家族に相談したのではこうしたズレに気づいて修正することは難しいでしょう。

■積極的に働きかける

別れさせ屋の復縁工作は「こうすればもっと上手く行くこと」や、「こうすれば気持ちを依頼者に向けることが出来ること」を対象者に積極的に働きかけることで、復縁に持って行こうとします。
こうしたノウハウをごく自然に相手に疑われることなく行なうには、それなりに場数を踏んで経験を積んでいないと出来るものではありません。けれども別れさせ屋の工作員の場合は、こうした経験を積んでいますのでごく自然に行動することが出来ます。
つまり、何もしなければ変えることの出来ない状況を変化させるために、工作員が積極的に状況を変化させるための行動を取ることで復縁を可能にしようとしていることになります。

別れさせ屋が復縁の最終手段と言われているのは、当事者が必要以上に積極的な行動に出て状況を変えてしまおうとすると、相手から疎ましがられてしまいそうです。けれども、別れさせ屋の工作員は両者にとって直接関わりのない立場の人ですので、積極的にターゲットに働きかけることが出来る上に状況を変えるためのノウハウを持っているからではないでしょうか?