破局で終わった恋を復縁したい……。でもすでに相手には他の人が……そんな時に頼れるのが「別れさせ屋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 破局で終わった恋を復縁したい……。でもすでに相手には他の人が……そんな時に頼れるのが「別れさせ屋」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
破局で終わった恋を復縁したい……。でもすでに相手には他の人が……そんな時に頼れるのが「別れさせ屋」コロンビアシネマ

LINEやTwitterなどにより、付き合うことも、別れることも、ボタン一つで出来る時代になってきました。心から愛しあった恋人同士でも、些細なけんかやすれ違い、そして一度の過ちなど、何かのきっかけで別れをむかえてしまうことがあります。後悔した後はもう遅く、LINEはブロックや電話は着信拒否……やり直したいのにやり直せない……。そんな思いを一度でもしたことはありませんか。もし、その「やり直したい」という思いを叶える可能性があるとしたら。一人ではどうしようもなくなった「復縁」の可能性を最大限に高める仕事も、別れさせ屋の仕事の一つということを知っていますか。 別れさせ屋で「復縁」?別れさせ屋で「復縁」!?と思うかもしれませんが、対象者の心を分析し、行動や環境を調査、それに導かれたプロセスの実行。それは「別れ」も「復縁」も根本は同じなのです。しかし、大きく違うのは対象者が家族や恋人など身近な人では無いということです

。これは大きな違いです。交友関係や周辺環境などの変化も考えられますし、その情報を得る作業も別れる前とでは大きく異なります。 どうやって復縁させるのか一番大切な事は、別れてしまった相手は「過去の相手」であると言うことです。なので「相手の現在」を出来るだけ具体的に知ることが大切となってきます。その為に、対象者とあなたの過去を知ることから始めます。対象者と出会った時や付き合っていた時のエピソード、別れる時の言動などをヒアリングします。そして、現在の住所や学校、職場、親密にしている相手はいるのか、現在の趣味などをより細かに調査します。この対象者の過去と現在を「知る」事が、復縁のシナリオ作成の元となり、後の工作の進行がスムーズになります。そのシナリオを元に、対象者の恋人に接触をするのか、同性の友人関係を構築するのか、などにより工作員の選抜が行われていきます。 「復縁」の可能性「復縁工作」に全く同じ方法はありません。「別れ」の形というのは恋人の数だけ違うものです。それぞれ原因と理由、そして2人の関係性が大きく違うからです。一人では奇跡に近かった「復縁」可能性を、最大限に高めてくれる、その力になってくれるのも、別れさせ屋の一つの仕事です。