別居しても離婚できなかったら、別れさせ屋と浮気をさせる方法も

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別居しても離婚できなかったら、別れさせ屋と浮気をさせる方法も
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別居しても離婚できなかったら、別れさせ屋と浮気をさせる方法もコロンビアシネマ

・承諾してくれない場合5年も別居が必要

離婚したいと思っても、どちらにも問題がない場合、両者の承諾がなくてはすることができません。

離婚を望んでいるけれど、パートナーが承諾してくれないと悩んでいる人は意外と多いものです。

別居期間が長いと婚姻関係が破綻していると裁判でも認められて離婚をすることが可能です。

しかし、婚姻関係が破綻していると認められるまでには大体5年もの別居が必要と言われています。

5年はかなりの長期間です。

離婚して新たなパートナーを探したいと思っていても、5年も待っていたら、結婚適齢期をオーバーしてしまうことも珍しくありません。

そんなに長期間離婚を待っていられないという方は、別れさせ屋に依頼してみてはいかがでしょうか。

・自分達を別れさせてほしいという依頼もOK

別れさせ屋というと、パートナーと浮気相手を別れさせたりするイメージが強いですが、実際は自分とパートナーの別れを依頼するケースも最近ではどんどん増えてきています。

離婚してくれないからというものや、離婚後にストーカーになりそう、DV夫から逃げたいなど、依頼の背景はさまざまです。

別れさせ屋やいずれのパターンでも依頼を受け付けてくれます。

別れたいパートナーの元に好みの工作員を送り込み、夢中にさせて離婚を促す工作が一般的です。

平たく言うと、パートナーに浮気をさせてしまい、自分から離婚をしたがるようにしてしまおうという計画です。

金銭を払って秘密裏に別れるように工作することを後ろめたく考える方もいますが、いびつな関係のまま婚姻関係を継続することは、両者どちらにとっても決して良いことではありません。

無駄な時間を消費し、ストレスで心を壊す前に、きっぱり別れられるようにすることも、思いやりではないでしょうか。

・浮気したからといって慰謝料請求してもいいの?

別れさせ屋の業務内容はそもそも法の目をくぐったグレーゾーンなものです。

せっかくだから浮気させて、浮気の慰謝料まで取ってしまおうという方もおられますが、そこまでするとさすがに法に触れます。

ばれたら詐欺として訴えられる可能性もあり、まともな別れさせ屋なら依頼を断るでしょう。

離婚できたら御の字として、欲はかかないほうがいいですね。