失敗しない別れさせ屋の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 失敗しない別れさせ屋の選び方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
失敗しない別れさせ屋の選び方コロンビアシネマ

1.ホームページが見やすく、必要なことが書かれているか

ネット社会ですから、別れさせ屋の多くは自社のホームページを持っています。

そこにきちんとわかりやすく情報が書かれえているかチェックしてください。

会社名、会社の所在地、代表社名、探偵業届出番号はとくにきちんとあるか確認が必要です。

別れさせ屋の業務では必ずしも探偵業の届出は必要ありませんが、他人の依頼を受けて聞き込みや尾行や張り込みなどを行う仕事を行うときには、必ずこの届け出をすることと法律で定められています。

こうした行為はターゲットの情報を調べるときに必要不可欠です。

もしも探偵業届を出していないのであれば、違法に調査を行っているアングラな事務所ということですので、依頼するのは止めてください。

2.スタッフの応対がしっかりしているか

依頼する前に、電話や対面で、スタッフがどのような対応をするかよく観察してください。

応対スタッフといえど、こちらの質問にうまく答えられないような人材を使っているところは信用なりません。

また、まだ話も途中なのに契約を急かしてくるところも要注意です。

詳しくは契約しないと教えられません!ばかり言うところも止めたほうがいいでしょう。

あなたの不安や疑問にきちんと答えられ、急かしたり不安をあおったりしてこない別れさせ屋を選んでください。

また、どんなに優秀でも、人には合う合わないがどうしてもあります。

あなたの運命をかける相手です。

なにか合わないなと思ったり、ひっかかりを感じたら、別の事務所を探したほうが安全ですよ。

3.料金は適切か

別れさせ屋に支払う費用は高額です。

できるだけ安く抑えたいという気持ちはわかりますが、安いところには安くできるカラクリが必ずあります。

優秀なスタッフは安い賃金では離れてしまいますし、機材にだってそれなりの費用が必要です。

あまりにも安すぎる別れさせ屋には注意してください。

下手な別れさせ屋に依頼してしまうと、あなたが工作員を雇ったことを相手に知られてしまうかもしれません。

そうなっては、別れさせ工作失敗だけでは済まず、あなたの信用まで低下してしまうかもしれません。

別れさせ屋の選び方として、もちろん高ければ高いほど優秀。いうわけではありませんが、優秀なら安さを売りにしなくても商売はできるものだと覚えておいたほうがいいでしょう。