別れさせ屋の選び方:「過大広告には気をつけよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の選び方:「過大広告には気をつけよう」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の選び方:「過大広告には気をつけよう」コロンビアシネマ

ビッグマウスにはご注意を

別れさせ屋の選び方の基準として、過大なことを言う(=ビッグマウスな)別れさせ屋には注意をしましょう。その一例としては、「絶対に別れさせることができます」や「別れさせ屋工作の成功例は100%を誇っています」などのものは過大広告ですし、他にも「絶対に○ヶ月で別れさせられます」なども同様のビッグマウスです。こうした言葉を「それは自分たちのスキルや実績への自信の表れではないか」と思うのは賢明ではありません。なぜかと言えば、人と人との関係を扱うことに「絶対」はあり得ないからです。実際のところ、別れさせ屋の成功率というのは100%ではありません。たとえどんなに腕の良い別れさせ屋であっても、です。成功する時はしますし、失敗する時はするものなんです。それは別れさせ屋工作に限らず、復縁屋といった探偵が同様に行うものでも言えるのですが、誰かと誰かの関係を意図的に変えるというのは、それぞれの相手方にも感情や思い、考え方や価値観がありますから、確実に思い通りにできるものではありません。単純に考えて、例えば結婚している方としていない方とでは、どう考えても違う状況なはずですし、人の行動範囲や生活範囲も違うなど、そうした不確定かつ不明瞭な部分がたくさんあるのに、「絶対に○ヶ月で!」なんて言われたとしても、どう考えても難しいとは思いませんか?だからこそ、選び方として、そうしたビッグマウスを唱える別れさせ屋を選ぶことは控えた方が賢明なのです。

そうした意識を持っての選び方

別れさせ屋工作を請け負う業者というのは数多くいますし、乱立していると言っても言い過ぎではないほどです。それだけ多ければ、悪い業者と目されるところもかなりの数があります。ですから、上記でご紹介したことを理解し、念頭に置いた上で、誠心誠意対応してくれる業者を選ぶようにする、というのが最良の別れさせ屋の選び方なのです。そのためには相談をしてみて、実際に会い、担当してくれた方がどういった人なのか、そして誠意ある対応をしてくれる人なのかをしっかりと見るようにしましょう。その上で、信頼できそうな別れさせ屋なら依頼をするようにしてください。別れさせ屋も人ですから、その選び方もまた「信頼できるか」を考えてくださいね。