別れさせ屋の選び方① 良い業者は相談してから決める

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の選び方① 良い業者は相談してから決める
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の選び方① 良い業者は相談してから決めるコロンビアシネマ

世の中に数多く存在する別れさせ屋。いざ使いたい時に、どんな視点で選んだらよいのでしょうか。一度依頼をすれば、手間と大金がかかります。絶対に成功するとは限らないとわかってはいるものの、それでも、成功するためになるべくベストな業者を選びたい。当たり前のことですよね。 しかし、別れさせ屋は、普段頻繁に使うような業者ではありません。

いざ選んでみると言っても、どういった視点、基準で各業者を吟味したらよいかわからないという方も多いでしょう。良い業者ほど相談してものを決める 良い業者と悪い業者、自分に合った業者とそうでない業者を見定める視点はいくつかありますが、その中の一つに「相談してから決める」というものがあります。これはどういうものかと言うと、依頼内容について事前に、具体的に定まりすぎている業者はあまり信用できないかも、という法則です。 別れさせ屋は、依頼が来ると、それに応じて、必要になる費用や期間、工作内容などが決定されます。

通常、この内容の決定は、依頼者と実際に話し合いながら計画の全体像を組み立てていくという場合がほとんどです。 相談してから決めるというのは、こういった内容がサイトなどであまり定まっておらず、「まずは相談してみてください」と言った言葉が添えられている業者の方が信用できるということです。決められた計画は高確率で狂う 相談する前から色々なことが決まっている業者というのは考え物です。まず、事前に組み立てられているそのプランは、実際の依頼内容によって変更される可能性が高いということ。

費用に関しても同様で、サイトには明確な提示額が設定されていたとしても、いざ工作を初めてみたら当初の計画と採算がずれる。そうすると、追加料金が発生したり、依頼者の希望した計画が中絶されたりと言ったことが起こり得ます。 こういった内容を「相談してから決める」業者であれば、こういった利用前と利用後のギャップを小さく抑えることができます。この辺りがしっかりしている業者の方が、計画を立てる段階での説明も細部まで行き届いており、計画のデメリットな部分まで説明してくれることが多いようです。