いい別れさせ屋を見つけるには……選び方をしっかり考えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - いい別れさせ屋を見つけるには……選び方をしっかり考えよう
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
いい別れさせ屋を見つけるには……選び方をしっかり考えようコロンビアシネマ

別れさせ屋に依頼をしようとする人は誰でも大きな悩みを抱えているものです。自分の大切な人の浮気や、様々な理由で人は別れさせ屋に駆け込みます。しかし、別れさせ屋に依頼することは、決して安くない費用を覚悟しなくてはなりません。それこそ最終的には自分の月収の何倍もの金額を支払わなくてはならないようなこともあります。最後の神頼みのようなわらにもすがる思いで、決して安くはない金額を支払う覚悟で人は別れさせ屋の扉をたたくのです。しかし、すべての別れさせ屋が、プロとして優秀な仕事をするわけではありません。場合によってはプロとしての誇りのない、適当な仕事だけして手数料を請求するような業者も存在します。別れさせ屋の扉をたたく人は、そこが果たして「別れさせ屋」として優秀なのかどうかをしっかりと見極めなくてはなりません。別れさせ屋として大切なのは別れさせ屋に限ったことではありませんが、一番大切なのは依頼者の親身にどれだけなれるかが、プロとしての誇りをどれだけ持っているかの判断基準になるといっても過言ではありません。

中には適当に話を聞いて適当に時間をかけて依頼をこなしているような報告だけ上げてきて、結局成果もあげないまま手数料を請求してくるような業者もあります。しかし、本物のプロになると一番最初の導入のときから違いがわかるはずです。少し話しただけでプロかどうかは感じることができる別れさせ屋として一番重要なのは、依頼時直後の依頼者との面談時の情報収集だったりします。このタイミングでどれだけの情報量を収集できるかで、工作の成功率はがらりとかわるからです。そしてその場で依頼者がどれだけ情報を別れさせ屋に渡すかは、双方がどれだけの信頼関係を構築できているか、によります。つまり、プロは少しでも情報を得るために依頼者に親身になって「自分は味方である」とわかってもらうよう努力をするのです。そしてその努力は依頼者の目的を達成するためのものであり、本当に味方として活動していくためのものであるのです。プロとして本当に目標を達成するつもりのある別れさせ屋は、一番最初の面談時の時点で安心感が違うはずなのです。本物の別れさせ屋を見つけるには、色々な会社を回り「少し相談」する、ということを繰り返すことが有効です。安心できる別れさせ屋があったのであれば、それは「できる別れさせ屋」である可能性が高いのです。